美容・健康にも良い、ゲルマニウムのあれこれを紹介します。

二つのゲルマニウム

 

有機ゲルマニウムと無機ゲルマニウム

ゲルマニウムも2つの種類に分けることが出来ます。それは有機ゲルマニウムと無機ゲルマニウムです。ではこの2つのゲルマニウムにはどんな違いがあるのでしょう。

有機ゲルマニウム

有機ゲルマニウムの大きな特徴というと水溶性というところにあります。水溶性というと人間の体は約70%は水分といわれています。その体に有機ゲルマニウムを取り入れることによって、吸収・排出がうまく出来るということなのです。

人間の体には水分あってのいろんな機能が働くので、栄養となって体に取り入れることが出来る物は、水とうまく相性のあう状態でなければいけないのです。でもそれには、有機物でなければいけません。

無機ゲルマニウム

2つのゲルマニウムの中で体に取り入れてしまうともっとも危険とされるのが、この無機ゲルマニウムです。無機ゲルマニウムは有機ゲルマニウムとは違って水溶性ではないのです。なので、体に長い間取り入れてしまったりすると、いろんな症状がおきてしまうとされています。

じゃぁ無機ゲルマニウムは健康によくないの?と言うとそうではありません。無機ゲルマニウムの使用方法を間違えることなければ、健康にしてくれることもあるのです。体に取り入れることは出来ませんが、体の外で取り入れることは出来ます。ブレスレットやネックレスといった無機ゲルマニウムが入っていることによって、体にいい効果を与えてくれることもあるのです。

そちらのゲルマニウムには人間の体にいい効果を与えてくれるということにはかわりないようですね。

おすすめWEBサイト 5選

Acceleration
http://www.carpasparaobras.com/

最終更新日:2016/4/6

Copyright(C) 2008 ゲルマニウム All Rights Reserved.